2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

好きな俳句、発句、付句を書け

1 :我輩:04/12/23 12:14:58
スレタイのとおりです。では我輩から

古池や蛙飛びこむ水のをと      芭蕉

2 :詠み人知らず:04/12/23 16:20:11
残念ながら駄スレです。

3 :俳諧老人:04/12/23 22:48:28
駄スレでも続けて良スレに変える根気と情熱を持ちましょう。

4 :俳諧老人:04/12/23 23:13:30
#じゃ、わたしは蕪村といきましょう。

狐火や髑髏に雨のたまる夜に

5 :我輩:04/12/24 10:34:20
レスがついてる。ありがとう♪

時雨るゝや黒木つむ屋の窓あかり   凡兆

6 :さっちゃん:04/12/24 21:23:43
カワタロ
河郎の恋する宿や夏の月   蕪村

春寒や竹のなかなる銀閣寺  芥川龍之介

7 ::04/12/24 23:31:00
大根引き 大根で道を 教えけり   一茶 
 

8 :詠み人知らず:04/12/25 21:34:37
>>1さん。

発句、付句の意味を教えて。
簡潔にね。

9 :さっちゃん:04/12/25 22:04:50
      ジャウ
此木戸や鎖のさされて冬の月   其角

10 :我輩:04/12/25 22:58:02
>>8
簡潔にはお教えできませんのでどうぞお調べになっておくんなさい。

11 :俳諧老人:04/12/27 09:30:22
蕭条として石に日の入枯野かな      蕪村

12 :詠み人知らず:04/12/27 11:56:42
しかし 駄句ばかりだな つまらんな


13 :あかね ◆wSdkSdy/To :04/12/27 18:10:31
几巾きのふの空のありどころ  蕪村

14 :さっちゃん:04/12/27 22:22:35
有る程の菊抛げ入れよ棺の中      夏目漱石

木屋町や裏を流る々春の水       河東碧梧桐

水洟や鼻の先だけ暮れ残る       芥川龍之介

>>12
あなたの好きな句を教えてください。

15 :12:04/12/27 23:35:21
好きな句をみだりにさらしてはならない

16 :詠み人知らず:04/12/28 13:10:31
ケチケチすんなよ減るもんじゃなし・・・

17 :詠み人知らず:04/12/28 13:54:30
浮世の果てはみな小町なり

18 :さっちゃん:04/12/28 22:00:06
役人の子はにぎにぎをよく覚え

19 :詠み人知らず:04/12/28 22:37:24
門前のストリップ小屋ひとすくな


20 :詠み人知らず:04/12/29 13:44:03
下京や雪つむ上の夜の雨  野沢凡兆

21 :詠み人知らず:04/12/29 15:16:25
ながながと川一筋や雪の原        凡兆

22 :さっちゃん:05/01/03 07:52:02
元日や一系の天子不二の山       内藤鳴雪

23 :詠み人知らず:05/01/03 08:58:27
脱走兵 連れ戻されたら 佐渡送り    詠み人知らず

24 :さっちゃん:05/01/03 11:40:31
凩の果はありけり海の音   池西言水

25 :詠み人知らず:05/01/07 19:10:58
塩鯛の歯ぐきも寒し魚(うを)の店(たな)      芭蕉

26 :詠み人知らず:05/01/07 23:17:25
骸骨やこれも美人のなれの果て  夏目漱石

27 :さっちゃん:05/01/08 21:44:52
宝船しわになるほど女房こぎ

28 :詠み人知らず:05/01/08 23:48:05
ぼけはてて 欲がみえたる ははひとり


29 :さっちゃん:05/01/16 22:30:43
喰ひますかなどと文王そばへ寄り

30 :さっちゃー:05/01/16 23:14:59
枯蓮のうごく時きてみなうごく  西東 三鬼

31 :詠み人知らず:05/01/17 20:46:00
>>8
五七五、七七、でまた五七五を繰り返す、それを100回とか繰り返すのが俳句のご先祖。
その一連のなかで、一番最初の五七五を発句、それ以外の五七五を付句、と呼ぶだけの違い。
発句と付句の内容的な違いもあるが、見た目は同じようなもの。

なぜ好きなのか、理由も添えてくれたらいいと思うんだが、どう?
活字になってる俳句評論は、専門家のものばっかりだし。
ここは若い人もいるだろうから、若い感性が俳句をどうとらえているかを知りたい。

32 :詠み人知らず:05/01/17 21:15:05
>>31サン。
#ついでに、物付。心付。匂付って何でつか?。

33 :さっちゃん:05/01/17 22:01:12
>>32
古文漢文板で質問したほうがいいですよ。あそこで
答えがもらえないならここではなおさら無理です。

34 :31:05/01/18 02:54:44
>>32
まったく知りません。連句の本を読めばわかるかも。

35 :詠み人知らず:05/01/18 21:43:35
鶏頭を嘆かず人をまた頼まず  石田波郷

36 :詠み人知らず:05/01/19 00:11:05
>>31
専門家っていうか、連句の注釈とか読んでるとバカとしかおもえないような…

やっぱり岩波文庫で手安く済ませるのがOK牧場



37 :無名氏:05/01/19 00:19:45
海暮れて鴨の声ほのかに白し   芭蕉

38 :さっちゃん:05/01/19 21:51:38
衣のたてはほころびにけり
  としをへしいとのみだれのくるしきに

39 :詠み人知らず:05/01/21 20:41:21
春風や闘志抱きて丘に立つ  虚子

40 :詠み人知らず:05/01/21 21:08:43
古池や芭蕉とびこむ水の音 梵

41 :詠み人知らず:05/01/21 21:14:43
男湯のけんかは抜き身ふりまわし
間男はあたりへこぼしこぼし逃げ

42 :詠み人知らず:05/01/22 08:32:36
バスを待ち大路の春を疑わず   波郷

43 :詠み人知らず:05/01/22 08:42:50
↑バスを待つ俳句はこれで打ち止めだ
 #この句を越えられないので、作っても無駄。

44 :詠み人知らず:05/01/22 09:57:20
バスを待つ俳句って、そんなに多いの?私は見たことない。
他にどんなのがあるのか、教えてください。

45 :詠み人知らず:05/01/30 19:33:37
バスを待つ四五人の目の蕨かな 加藤楸邨
遠足バスいつまでも子の出できたる 小澤實
バス来るや虹の立ちたる湖畔村 高浜虚子
スキーの子バスに会釈や追縋り 川端茅舎
春山をいただくバスの馳せて来し 中村汀女
登山バス出づることなき雲に入る 山口誓子
夏老いぬバスのあげゆく砂ほこり 久保田万太郎

やっぱ波郷が一番だな。バスの名句ってそんなにない。
素人はバスを詠みたがるっていう定説は知っておこう。

46 :詠み人知らず:05/01/30 19:39:55
ギター持ち帰郷バス待つ大晦日 近藤勇夫
見送りて次のバス待つ大熊手 小林勇二
山里のバスを待つ間のかき氷 竹内光江
バスを待つ春一番を背なにして 小泉はつゑ
一列に待つ二階バス春隣 白井良治
秋うららバス待つ女紅を引く 杉山青風
木枯やバス待つ小銭温めつつ 甲賀山村
バス停の先頭に待つ捕虫網 城台洋子
角巻の老婆らバス待つ海を背に 岡田日郎
来ぬバスを待つも一人や暮の秋 北岡文子
円く濃き新樹の影にバスを待つ 篠原梵
高原のバス待つ春着吹かれをり 大島民郎
冬いちご法起寺からのバスを待つ 金田咲子
来るか来ないかわからぬバスを待つや雪 辻桃子
バスを待つ傘の相寄る花の雨 吉屋信子

47 :詠み人知らず:05/01/30 19:44:17
ちなみに、地下鉄を詠んで秀逸は、

 地下鉄に乗れば傾く五月の都市 さっちゃー

この句以外、寡聞にして知らない。

48 :詠み人知らず:05/01/30 20:28:39
バスとか待ってるときって暇だからね。作りたくもなるよ。

49 :詠み人知らず:05/01/31 11:16:23
そうだね。俳句は暇潰しだからね。

50 :詠み人知らず:05/02/12 11:27:57
じじばばはいつでも暇だから俳句をやる。俳句を始めた動機で
一番多いのが定年退職だ。

51 :スポーク:05/02/20 00:32:48
スポーツを題材にした俳句、スポークのサイト、見て!
http://spork.ameblo.jp/

52 :詠み人知らず:05/02/20 00:54:17
クロスポストは荒らし同然

53 :詠み人知らず:05/02/20 01:11:10
>>52
  d


54 :詠み人知らず:05/02/20 20:50:37
微塵等も年を迎へて喜遊せり   相生垣瓜人

  #このために鏡餅みなパック入り  なのか 衛生第一

55 :詠み人知らず:05/02/21 01:15:14
夜は溜る鳩声惨劇するする刷られ   赤尾兜子

    #「溜る」て「たまる」?「ためる」? 「ためる」と読みたい―98%
     この鳩って新聞社が飼っていた鳩?伝書鳩?

56 :詠み人知らず:05/02/23 00:15:54
水ゆれて鳳凰堂へ蛇の首   阿波野青畝

  #老若牝牡 蛇もいろいろ 美丈夫蛇ガイイナ
   夏小石

57 :詠み人知らず:05/02/23 00:32:19
×美丈夫蛇
○美丈蛇

58 :詠み人知らず:05/02/23 00:43:31
座について庭の万両憑きにけり   阿波野青畝

   #余所見はだめですよん

59 :詠み人知らず:05/03/13 19:08:06
ていねいにからだを拭いて黒鯛くふ   飯島晴子

   #熟女の色気が漂ってますね。

60 :詠み人知らず:2005/05/10(火) 21:48:28
みかの原そばをながるるいづみ河
いつみきとてぞ恋はかなしき          (だれだっけ?)



61 :詠み人知らず:2005/05/12(木) 00:22:32
みかの原わきて流るるいづみ川
 いつ見きとてか恋しかるらむ    中納言兼輔

62 :詠み人知らず:2005/05/13(金) 22:05:54
白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ

63 :詠み人知らず:2005/05/14(土) 11:44:06
チンチンを
どこに欲しいと
訪ねたら
上の口にも
下の口にも

64 :詠み人知らず:2005/05/14(土) 11:45:09
ちんちんを
入れてくれろと
泣く子かな

65 :詠み人知らず:2005/05/15(日) 00:16:19
我が恋は
虚しき空に
満ちるらし
思ひやれども
行くあてもなし

これ誰の歌か知りませんか?

66 :詠み人知らず:2005/05/15(日) 08:46:12
63 名前:あぼ〜ん 投稿日:あぼ〜ん
あぼ〜ん


64 名前:あぼ〜ん 投稿日:あぼ〜ん
あぼ〜ん


65 名前:詠み人知らず 投稿日:2005/05/15(日) 00:16
我が恋は
虚しき空に
満ちるらし
思ひやれども
行くあてもなし

これ誰の歌か知りませんか?

わが恋はむなしき空に満ちぬらし思ひやれども行く方もなし よみ人しらず

67 :詠み人知らず:2005/05/15(日) 10:10:30
古今和歌集巻十一よみ人しらず

68 :詠み人知らず:2005/08/30(火) 11:01:27
こんにちは
俳句のリズムが好きな高校生です。松山へ秋のプチ旅がしたい。
夏の句
夏波のよせくる浜に恋もなし
作者はわかりません。

69 :詠み人知らず:2005/11/27(日) 14:51:01
学問のさみしさに堪へ炭をつぐ

70 :長谷川櫂(長谷川隆喜)はしなんぞ:2005/11/27(日) 15:12:58
きんたまの
かゆさにたえて
ぺだるこぐ

71 :長谷川櫂(長谷川隆喜)よたのむしんでくれ:2005/11/27(日) 15:19:46
えろ本の
きもちよささに
かわめくる

72 :詠み人知らず:2005/12/11(日) 20:02:27
三度炊く
飯さえ硬し
軟らかし
思うままには
ならぬ世の中

73 :詠み人知らず:2006/02/04(土) 01:23:51
願わくば
花の下にて春死なん
その如月の望月の頃

だったかな?

74 :詠み人知らず:2006/02/05(日) 00:42:43
たび衣笛に落花を打拂 羽笠

75 :詠み人知らず:2006/02/05(日) 19:30:07
>>70
ペダルこぐ
かゆさがだんだん
気持ちよく

76 :詠み人知らず:2006/02/05(日) 23:19:18
むせぐから
かゆくなるのよ
きみたちは

77 :詠み人知らず:2006/05/23(火) 00:14:07
小4です
このの俳句カラ読み取れることを教えて下さい。お願いします。

菜の花がしあはせさうに黄色して
               


78 :詠み人知らず:2006/05/23(火) 08:18:12
>>77
菜の花の幸せそうな様子が読み取れます

79 :詠み人知らず:2006/05/24(水) 14:39:49
しあわせのたねをしぼったあぶらかな

80 :平下流:2006/07/03(月) 19:37:55
ご挨拶代わりに
agui.net/met/metsta-age-6hhttp://www.jpg


81 :詠み人知らず:2006/07/06(木) 01:44:20
http://www.agui.net/met/metsta-age-6h.jpg


82 :詠み人知らず:2006/07/07(金) 07:12:01
>73
西行

83 :詠み人知らず:2006/07/10(月) 00:14:49
俳句と和歌が入り混じってますね。

84 :詠み人知らず:2006/07/10(月) 00:44:32
やはらかに 金魚は網に さからひぬ

85 :詠み人知らず:2006/12/03(日) 04:57:14
「たんぽぽの黄色の元気もらいます」

第15回伊藤園新俳句大賞・佳作特別賞、大分県の仁部屋辰徳くん(15歳)の作品。



86 :詠み人知らず:2006/12/03(日) 07:42:37
美少女の寝顔にサンタむらむらと    byさっちゃん

87 :詠み人知らず:2008/06/19(木) 22:27:04
鳴かぬなら 殺してしまえ 長谷川櫂
変態の 長谷川隆喜 鬱で死ね
蛆虫に 劣る化け物 長谷川櫂
色気違い 長谷川隆喜 逮捕さる
異常者の 長谷川櫂め 早く死ね

未成年に猥褻行為をはたらく事しか知らぬ熊本県下のチョン部落出身の
変質者・長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)を地上から抹殺し、世界を浄化
しようと志す人々は大勢いるようです。
この長谷川が厚顔無恥にも国家試験を受けて、当然ながらことごとく
失格落第したのは有名な話らしいし、読売新聞に入り込んでからも何かと
悪事のし放題だったとか。変態行為が露顕しそうになって已む無く解雇された
そうです。  かかる不逞鮮人には要注意!
法律も北鮮育ちのコヤツには通用しないらしいからな。

88 :詠み人知らず:2008/06/29(日) 15:57:19
死にてこそ 喜ばるる 変態の
   長谷川隆喜 生ける 甲斐無し


長谷川櫂という異常者が藤沢近辺を徘徊して居るという噂を耳に挟んだ。
この長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)は稀代の低能で、幼年期から性格劣悪、
知能劣弱、外見醜悪無比にして、万人嫌悪の的だったらしい。
なにしろ熊本県下の朝鮮人部落の癩病筋の下賤な家筋に生まれ、誰からも相手に
されずに育った「下の下」の存在でしかないからだ。蛆虫以下と言ってもイイだろう。
癩患者の中でもイヤらしく、おぞましい性質の故に唾棄す可き変態として嫌悪されていたとのこと。
当然ながら、女には一切洟も引っかけられず、隠れては幼児に猥褻行為を働くようになったとか。
賤奴の分際で、かかる性的悪戯を犯した悪質な俳句詠みの長谷川は存在価値絶無であろう。
たとえ劣等感のかたまりの如き陰険卑劣な山出しである点を考慮したにせよ。
「生まれなかったほうが良かったのに」という言葉が当てはまるのは、
まさしく此のド変態の長谷川の事だろうな。
今は藤沢市辺りに住んで居るらしい。
近隣の皆さん方、よくよく御注意されたし!
聞くところによると、この北鮮人・長谷川隆喜は、口を開けば愚鈍さと痴呆さ
の限りをさらけ出して恥じない低劣無比な田舎者のクズ、下の下の存在でしかないという。
こんな阿呆で下賤な蛆虫に劣る存在を容認して来た讀賣、朝日新聞社に「社会の木鐸」たる資格はナイ!
角川書店などは出版社ですら無い芸人風情を相手にする低俗プロだから、化け物を見せ物代わりに使ってみたんだろう。
東海大学もコヤツを早く放逐しなければ、「最底辺の学校」という汚名を永久に雪げなくなるだろう。

去勢豚の長谷川チョンめ!さっさと鬱で自殺しろーっ!!!
分かったナ!


89 :詠み人知らず:2008/06/29(日) 19:53:16
面体をつゝめど二月役者かな 前田普羅

90 :・◎・)∬:2008/07/04(金) 08:11:57
参考に一つの星が流れけり 阿部青鞋

91 :かささぎ:2008/07/15(火) 20:17:10

じゃんけんで負けて蛍に生まれたの 清水澄子

92 :詠み人知らず:2008/07/15(火) 20:30:18
夏草や兵どもが夢のあと     芭蕉

93 :詠み人知らず:2008/07/18(金) 23:38:43
かたつむり
そろそろのぼれ
富士の山

小林一茶

94 :詠み人知らず:2008/07/22(火) 13:08:33
長谷川櫂といえば劣等感のカタマリ剥き出しの禿げ爺いだよな。
山出しのクズだという噂はホントウらしいぞ!
底辺の学校にふさわしい出来損ないだ

95 :詠み人知らず:2008/07/22(火) 20:15:25
いっぽんの冬木に待たれゐると思へ 長谷川櫂

96 :詠み人知らず:2008/07/23(水) 01:30:36
目を入るるとき痛からん雛の顔    長谷川 櫂

俳句をまったく知らなかったけど息をつめて雛の目を入れている情景
が鮮明なのに驚いた。

97 :詠み人知らず:2008/07/23(水) 01:43:24
まだもののかたちに雪の積もりをり   片山由美子

「人間の条件」という仲代達也主演の12時間の映画があった。
ラストに主人公が雪の中で倒れ、人の形が静かに雪の中に埋もれ
ていく様子を思い出させる句。


98 :詠み人知らず:2008/07/23(水) 06:34:19
おそるべき君等の乳房夏来る 西東三鬼

( ゚∀゚)o彡゚

99 :詠み人知らず:2008/07/23(水) 13:25:52
長谷川隆喜=長谷川櫂ごとき低能愚鈍な山出しが、厚顔無恥にも「俳句詠み」を
自称するようになって以来、我が国の俳句の世界は地に落ちたと云えるぞ!
この臆病者が一日も早く死んでしまうように、と祈る人々が多いのも道理だ。

100 :詠み人知らず:2008/07/23(水) 13:41:28
泳ぎ子の水につまづきつつ上がる   横田じゅんこ

泳ぎが楽しくてしょうがない10歳くらいの子のプールでの
情景が想像される。
立ち泳ぎでちょっともがいている様をプールの脇から確かな目
で生き生きと描写している。
下5の「つつ上がる」で子の日焼けた肩が太陽に突き上げてい
くようだ。





101 :詠み人知らず:2008/07/24(木) 13:32:48
厚餡割ればシクと音して雲の峰   中村草田男

擬態語の「シク」がすごい。しっとりとしたきめの細かい
餡の詰まりぐあいがいい。もちろん「こしあん」だとおもう。
ここまででもすごいのに季語が「雲の峰」ときたもんだ。
「夏座敷」「春炬燵」でないんだ。
どの季語をもってくるかで個性が際だつ、取り合わせの句で
切れはそうとうなものだ。
この句を知ってから夏の入道雲を見ると舌の先で雲の中のひんやりした水分
を感じてしまうのはなぜだろう。耳に涼しい甘味が残る。
涼しい密度を感じる。




102 :詠み人知らず:2008/07/24(木) 23:11:44

有る程の菊抛げ入れよ棺の中  夏目漱石

 漱石の兄嫁の死に際して思はれる。
 ころほど慟哭の句は他に知らない。

103 :詠み人知らず:2008/07/24(木) 23:15:02
ビルの上に人あらはれて落ちにけり

104 :詠み人知らず:2008/07/25(金) 00:08:42
直線に出て全速力の鬼やんま   ある高校生

思春期の迷いから開放された清々しさ。
一生をかけるものをみつけたんだろな。  

105 :詠み人知らず:2008/07/31(木) 11:46:00

朝明の雲海尾根を溢れ落つ  石橋辰之助

2000メートル級の山からの眺めか、下界の猛暑、極暑
にくらべダイナミックな神々しいまでの風の流れ。

106 :詠み人知らず:2008/07/31(木) 15:13:35
おぞましき 長谷川チョンめ 早く死ね

化け物同然の長谷川が生きていて喜ぶ人など1人もこの世に存在しない。

だから一刻一秒なりとも早く死なせるのが世のため人のためなんだ!


107 :詠み人知らず:2008/08/01(金) 23:13:05
ザーボンさん 上部ハッチを 開けなさい  フリーザ

108 :詠み人知らず:2008/08/02(土) 11:55:22

夏の河赤き鉄鎖のはし浸る 山口誓子

工場の排水などで油が浮いている河。
水平と垂直の構図のきびしさ。
モノの影に人の汗。
むっとする空気の中の夏の午後の静けさ。

109 :詠み人知らず:2008/08/04(月) 12:10:11

歌声澄む水よりも澄む爆心地   天野信敏

ヒロシマの原爆。水を求めて叶えられずに死んでいった方々へ。
水に勝る清らかな祈りの歌声が水輪のように広がっていく。
時空を越えて浄化されていく祈りの一句。


110 :詠み人知らず:2008/08/31(日) 13:33:21
あきくさをごつたにつかね供へけり 久保田万太郎

>>102で思い浮かぶ対照的な一句。

111 :詠み人知らず:2008/08/31(日) 21:11:36
花影婆娑と踏むべくありぬ岨の月  原石鼎

影を踏んだらバサッと音がした? しかも崖っぷちである。

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)